お腹・ウエスト・太もも・二の腕などの脂肪吸引はベイザーリポでより安全・効果的に。認定医が担当

ベイザーリポ脂肪吸引なら、銀座みゆき通り美容外科


ベイザーリポで失敗のリスク

数ある脂肪吸引手術法の中で、ベイザーリポは患者様にとって最も負担が少なく低リスクの手術法であるのと同時に、上手に扱うことができれば、医師にとっても脂肪吸引手術におけるリスク(出血、凹凸、皮膚のたるみ)を最小限度に抑えることができる装置です。

ところが従来の脂肪吸引の経験が少なくてもベイザーなら簡単に手術できると勘違いして、安易にベイザーを導入するクリニックが増えたため、最近は他院で行われたベイザーリポの修正手術のご相談が増えてきました。

修正のご相談の中で最も多いのが、本来ベイザーリポであれば防ぐことができるはずの、凸凹と皮膚のたるみです。

脂肪が根こそぎ取れると宣伝して、確かに根こそぎ脂肪は吸引してありますが、手術のスピードを重視して太い吸引管で吸引しているのか、不器用なのか、吸引自体がとても雑であるために、根こそぎ吸引したのが仇となり、皮膚の表面に醜い凹凸が散見されるという症状です。

注意深く、修正の技術も持ち合わせた担当医なら、自分が手術している最中に、万が一皮膚に凹凸ができそうになれば、その場で気づいて、その場で修正することによりトラブルを未然に防ぐことができます。

また妊娠線や肉割れ腺ができている皮膚、もともと皮膚が薄くてたるみが生じやすい下腹部やお尻の下、二の腕などの部分で、皮膚の収縮力を無視して脂肪を吸引しすぎたために、たるみやシワができてしまったというケースもあります。

患者様はきれいに痩せることができると信じて手術を受けたのに、これでは悲しすぎる結末です。
それにもかかわらず、手術後に担当医に不満を訴えても問題ないと一蹴され、取りあってもらえなかったので、他院手術の修正も行なっている当院に相談に来たのだそうです。

当院では、どういった経緯であれ、誠心誠意、ベストを尽くして修正手術をお引き受けしておりますが、初めから当院で手術した場合と同じレベルまで改善させるのは難しい場合が多いです。

初めから当院にお越しいただければ、決して凸凹やたるみで困らせるような脂肪吸引はいたしません。
万が一にも問題が起きた場合は、適切なアフターケアをいたします。

当院のアフターケア保証

ベイザーリポの成功の条件

従来の脂肪吸引の基本技術が優れていること

ベイザーリポは優れた最新の医療機器ですが、使いこなしてはじめていい手術結果が生まれます。 術者にも、機器の性能を使いこなせる能力が必要、ということです。

特に大量に脂肪を吸引する時や、浅い層の皮下脂肪を吸引する際には、簡単に脂肪を吸引できてしまうだけに、加減が分からないと取りすぎによる変形や癒着などのトラブルを起こしかねません。

医療機器が最新で性能が優れていることは重要です。
しかし、それよりもっと重要なことは、医療機器を使う医師の技量が優れていることです。

従来の脂肪吸引の経験が豊富で、脂肪吸引そのものの基本技術が優れた医師が手術を担当することが、ベイザーリポの成功の絶対条件であることは間違いありません。

当院院長のプロフィール

脂肪吸引のデザインセンスが優れていること

医師のデザインセンスは優れた性能のベイザーを使う以前の問題ですが、美容外科ではこれが一番大切なことです。

脂肪を吸引するだけなら誰にでもできますが、吸引した結果、美しいボディラインを作り上げることができなければ意味がありません。

担当医のデザインセンスは症例写真が目安となります。

症例写真を見る際、注意しなければならないのはクリニックのオリジナルの症例写真、かつ担当医が実際に施術した症例写真であるかどうかということです。

実際に施術したオリジナルの症例写真ではなく、ベイザーのメーカーから提供された外国人の症例写真をホームページにそのまま掲載しているクリニックもありますが、それでは担当医のデザインセンスが判断できません。

当院のホームページの症例写真は、もちろんオリジナルのものです。

症例写真を見る時の留意点について

当院の院長が担当した症例写真




Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る